日本品質をタイで実現しました

株式会社キャナルは、2015年3月にタイ王国バンコクに自社工場「キャナルマニュファクチュアリング(タイランド)」を設立いたしました。「低コスト」・「小ロット対応」・「高品質」で知られ、世界の縫製工場とも呼ばれるタイにおいて、日本市場向けの数多くの帽子を生産しております。
タイ現地において20年以上の実績を持つ縫製工場のスタッフと、日本人スタッフが常駐し、日本企業ならではのきめ細やかな対応で、多くの受注をいただいております。

タイ語・英語ページはコチラから

工場概要
社名  Canal Manufacturing (Thailand) Co.,Ltd.
住所  124 soi Rama 2 soi 69,Rama2 Rd,Samae-dam,Bangkhuntien,Bangkok Thailand 10150
E-MAIL  canal-thailand@canal-sign.com
生産アイテム  婦人帽子、紳士帽子、室内用ニット帽子、コットンマスク等
設立年月  2015年3月
従業員数  35名
主要取引先  日本向け:80% タイ国内向け:20%
工場紹介

生地・パーツ

日本製の生地だけでなく、タイやアジアの生地にも対応。豊富なストックからもお選びいただけます。

ショールーム

日本の株式会社キャナルとともに、帽子のトレンドをしっかりとフォローします。

裁断工程

生地の裁断は、帽子作りの基礎となります。小ロットでも大ロットでも、均一な品質を追求しております。

縫製工程

帽子製造20年以上の熟練スタッフ指導のもと、ひとつひとつ丁寧に縫い上げます。また、針破損による金属の混入を防ぐため、厳重な針の管理を行っております。

パーツ取り付け

機械化できないパーツ類の取り付けは、丁寧さと正確さを重視して行います。

品質管理(QC)

一点一点を熟練スタッフの目で確認し、糸くずやホツレなどをチェックします。

検針工程

裁断時のチェックとダブルチェックを行うことで、安心安全な帽子をお届けします。

型入れ工程

ハットに関しては、検品を行いながら丁寧に型入れを行ってまいります。

梱包工程

最終検品を行いながら梱包を行います。お客様のお手に届くまでが品質管理です。
バンコク・日本間には週1便以上の船便が運行されており、迅速に商品をお届けすることが可能です。

工場地図