PHOTO :REMEI AG

PHOTO :REMEI AG
旅するコットン・JOURNEY OF ORGANIC COTTON

当社にオーガニックコットンを提供する「パノコトレーディング」では、一部製品についている「VIRTUAL TRAVEL TICKET」のQRコードをスマートフォンで読み込むことで専用のウェブサイトが立ち上がり、その製品に使われている生地が、どこで収穫されたオーガニックコットンを使い、どこで糸になり、どこで織り上げられたのかを確認することができる「JOURNEY OF ORGANIC COTTON」を推進しています。
※モバイル専用サイトですので、PCでは閲覧できません。

キャナルはNOC・日本オーガニックコットン流通機構の正会員です
NOCのオーガニックコットンをサポートしています

NOCホームページ

特定非営利活動法人日本オーガニックコットン流通機構(NOC)では

  1. 化学農薬を使わない農業の普及
  2. 環境を汚さない生産方法の普及
  3. 使用者の安全性の追求、安全規準厳守
  4. アトピーアレルギー、化学物質過敏症患者の支援活動
  5. 認定背景の明示、証明書発行
  6. コットン生産地の貧困救済活動

などの活動を行っています。

NOCコットン・4つの約束

No-Blend

一般の綿と混ぜない

オーガニックコットンに一般綿を混ぜた場合、同種の繊維のためその混合率を検証することは不可能です。
そこで純粋性を守るため、一切混ぜないで製品化することにしました。
紡績工程でも、認定背景を明瞭にするために単一綿のみを使用して糸を加工しています。

PHOTO :REMEI AG

No-Chemical

化学農薬を使用しない

機械化された大規模な綿花農場では、種の防虫剤、畑の除菌剤、化学肥料、除草剤、殺虫剤そして収穫段階では枯葉剤などと大量の農薬が使われます。
化学農薬は生態系を壊し、人の健康を傷め、土壌の活力を弱めます。
NOCコットンは、有機認証機関の下で、農薬を使わない有機栽培で育てられます。

PHOTO REMEI AG

No-Bleach

化学的な処理をしない

一般市販の製品は大量販売のため低価格と品質の維持を求め、幾重にも化学薬剤処理を行います。漂白から染色、柔軟剤、防縮剤、防しわ・形態安定剤などなど機能性や美観を追及します。ところが近年、アトピーアレルギー症や化学物質過敏症など化学物質が原因で体調を崩す患者が増えて社会問題化しています。
NOCコットンは、機能性や美観を求めるような化学処理はしません。生まれたままの綿の素晴らしさをそのまま製品として仕上げ、自然環境にも人の健康にも常に安全安心を心がけています。

PHOTO REMEI AG

No-Sweat

搾取的取引をしない(フェアトレード)

繊維製品の低価格競争の背景には搾取的取り引きの末、貧困に苦しむ生産者の姿があります。
NOCコットンは、インドやアフリカで展開されているフェアートレードプロジェクト(公正取引、経済支援)の産物を積極的に取り扱っています。

PHOTO REMEI AG
フェアトレード プロジェクト
NOCのタグが付いたアイテムをご購入いただくと、1枚につき約2円がコットン産地への支援金 としてNOC貧困救済支援基金を通じ還元されています。
biore(ビオリ)エコロジー・フェアトレードプロジェクトでは、コットン産地への井戸の建設や、学校への机や備品の支援などを行なっており、皆様よりの寄付を確実にお届けすることをお約束します。

また当社では、毎年オリジナル帽子SIGNの売り上げの一部を環境保護団体の活動に生かされるよう寄付しております。